ルキフェル

Lūcifer

地域・文化:悪魔学


 ルーキフェル。
 キリスト教における悪魔の王。

 lūciferというラテン語そのものは、もともとは「明けの明星」(金星)を意味するだけだったが、明けの明星をサタンと同一視したオリゲネス『諸原理について』のルフィヌスによるラテン語訳以来、ヨーロッパ一般で悪魔サタンを意味するようになっていった。
 とはいってもすぐにルキフェル=サタンという図式が普及したわけではない。たとえば英語では、ウィクリフの時代前まで普通に「明かりを運ぶもの」という意味で使われていた。

 各国語ではイタリア語でlucífero、イタリアのヴェッレトリでčífero、シチリアとシャンパーニュ方言(irpinatisch)でčífaru、イタリアのソーラでčifre̥、コルシカでarčífalu、カタルーニャ語でlluciferなどとなる。それでもluciferから派生したルーマニア語luceafer、古カタルーニャ語lluzer、スペイン語lucero、ポルトガル語luzeiraなどは今でも「金星」を意味している。また「元気な子供」「嵐」なんかを意味するように変わっていったところもある*1

関連項目


参考資料 -


*1 資料/636:417

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-11 (金) 21:20:05 (1781d)