シュナーベルロイテ

Schnabelleute, Gesnebelten Liute

地域・文化:西ヨーロッパ


 ※「シュナーベルロイテ」はドイツ語。
 寓話集『ゲスタ・ロマノールム』(13世紀末~14世紀初頭)などに紹介されている怪物人種で、ヨーロッパにいるとされる。この人種は頭と首が鶴に似ていて、嘴がある。
 15世紀以降のドイツでは、このシュナーベルロイテの図像がかなり人気だったらしい。

 「鶴首人間」は12世紀の『エルンスト公』(Herzog Ernst)が初期の例と思われ、ほかの怪物人種と違ってギリシア・ローマ時代にまでは遡れないと考えられている*1

関連項目


参考資料 - 資料/35:; 資料/204:; 資料/36:741; 資料/45


*1 資料/1056.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-08 (木) 22:24:03 (1185d)