*アンテロープ [#d0b0489a]
CENTER:&size(25){Antelope};

地域・文化:博物誌

----
 今ではレイヨウを指す言葉であるが、もとはギリシア語のフィシオロゴス(動物寓意譚)に現われる幻想的な動物のことだった。'''Oxford English Dictionary'''のAntelopeの項目では、カロプスまたはタロプスが、中世ラテン語におけるアンテロプス(Antelopus, Anthelopus)の名称である、となっている。~
 アンテロープの角は大きく、その角で樹をも切り倒すとされた。しかし茂みに絡まると動けなくなり、狩人に殺されてしまうのである。
 今ではレイヨウを指す言葉であるが、もとは中世の動物誌に現われる非実在の野獣のことだった。初出は4世紀後半~5世紀に書かれた『ヘクサメロン註解』(偽アンティオキアのエウスタティオス)で、アンソロプス(Antholops, ἀνθόλοψ)という綴りだった。語源は不明。~
 アンテロープはユーフラテス川のほとりに棲む。その角は巨大で、樹をも切り倒すとされた。しかし茂みに絡まると動けなくなり、狩人に殺されてしまう。
**関連項目 [#ndde496f]
-[[../アナロポス]]、[[../アプタレオン]]、[[../カロプス]]、[[../ウルス]]、[[../タロプス]]

-[[キーワード/角]]
----
参考資料 - [[資料/13]]:s.v.



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS