デーウ

Dēv
(ŠDYA)

地域・文化:イラン


 中期以降のペルシア語における「悪魔」のこと。アヴェスター語の../ダエーワ由来であり、『アヴェスター』と同様に、デーウは善神オフルマズドに対抗する無慈悲な悪の存在であるとされた。

 創造神話の書『ブンダヒシュン』第27章には次のようなデーウがリストアップされている。
 アコーマン、インダル、サワル、ナングハイス、タウリズ、ザリズ(以上が六大悪魔)、タローマド、ミホーフト、アレシュク、ヘーシュム、ウィザルシュ、ウダグ、アカタシュ、ザルマーン、チェーシュマグ、ワラン、ブーシャースプ、セージュ、ニヤーズ、アーズ、ペニーフ、ナス、フレーフタール、スパズグ、アナースト、アーガシュ、ブド、アストウィハード、スール・チャシュミーフ、アポーシュ、アスピンジャルシュクンダグ、ノーグ・ノーグ*1

 民間伝承では、妖精族../ペリと敵対する魔族の一群とされる。
 デーウは黒い巨人の姿をしており、長い鉤爪を伸ばし、角を生やすこともある。空を飛ぶことができ、変身することも可能である。顔が醜いので美しいペリをさらうこともある。ペルシアの伝説の王タフムーラスはデーウをほとんど殺して世界を平和にしたという。また、スレイマーン(ソロモン)王も彼らを魔術で束縛した。

関連項目


参考資料 - 資料/11:26; 資料/126:


*1 資料/671:192-196。他の訳では、以下。
アコマン、インドラ、サウルワ、ノーンハスヤ、タウルウィ、ザイリ(これらは6大悪魔とされる)、タロマイティ、ミサオクタ、アラスカ、アエシュマ、ウィザレシュ、ウタ、アカタシュ、チェシュマ、ワルン、ブシャスプ、シジ、ニヤズ、アズ、ピニフ、ナス、フレプタル、スパズグ、アナスト、アガシュ、ブト、アストウィハド、アパウシュ、スペンジャグラ、クンダ(Anklesaria訳)。
アコーマン、アンダル、サーワル、ナーイーキーヤス、タプレーウ、ザーイーリーチ、タローマト、ミートーフト、アラシュク、アエシュム、ウィーザレシュ、ウダ、アカーターシュ、ザルマーン、チーシュマク、ワレノー、ブーシャースプ、セージュ、ニーヤーズ、アーズ、プーシュ、ナス、フリーフタール、スパズグ、アラースト、アイーガーシュ、ブート、アストー・ウィーダード、アパーオーシュ、アスペンジャルガーク、クーンダク(SBE)。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-05 (土) 11:02:56 (2750d)