アクーパーラ

Akūpāra
अकूपार

地域・文化:ヒンドゥー


 ヒンドゥー教の世界観において、世界を支える亀。
 よく知られている絵にあるように、インドの世界観では亀の上に「ローカパーラ」という象が乗り、そしてその上に世界が乗っている。そして、アクーパーラ自身は世界を包み込むアナンタ蛇の上に乗っている。

 アクーパーラのハイライトは乳海攪拌のときである。攪拌は、神々とアスラが共同で甘露(アムリタ)を得るために行なう一大事業だった。
 神々はまずアナンタに巨山マンダラを引き抜かせ、それを海で回転させることにした。その支点として、神々とアスラは亀の王であるアクーパーラを選んだ。このようにして乳海攪拌は始まったのである(『マハーバーラタ』第1巻第16章*1)。

関連項目


参考資料 - 資料/283:10


*1 資料/559:144-46.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:22:14 (4430d)