サーラメーヤ

Sārameya

地域・文化:インド


 冥界王ヤマの番犬。../シャバラ../シュヤーマの2頭がおり、いずれも眼が4つある。インドラの犬../サラマーの子供である。
 『リグ・ヴェーダ』10.14では、この犬たちは冥界へいたる道を監視しており、聖別された人の魂だけが降伏な死後の生活を約束される、とされている。また、『アタルヴァ・ヴェーダ』のなかでは、サーラメーヤたちはヤマの使者、つまり死神のようなものであるとされており、死につつある人を導くとされる。
 『マハーバーラタ』においては、犬がユディシュティラと兄弟たちを来世へと先導する。

 ちなみに、この犬たちを形容する言葉にシャルヴァラというのがあるが、これは語源的にはギリシアの冥界の番犬ケルベロスと関係があるらしい。4つの眼というのも、本来は双頭だったことを意味するのではないか、という説もある。また、インドと兄弟関係にあるイランの世界観でも、あの世には4つ眼の犬がいるとされる。

関連項目


参考資料 - 資料/283:; 資料/295


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-17 (日) 21:43:26 (5109d)