ローカパーラ

Lokapāla

地域・文化:ヒンドゥー


 「世界を守るもの」。
 世界を守る方位の神のことであるが、それぞれの神の乗る雄象のこともローカパーラと呼ぶ。よく知られているインドの世界観をあらわした絵で、亀の上に乗っている象たちのことである。
 インドラの象はアイラーヴァタあるいはアブラマータンガ。
 アグニの象はプンダリーカ。
 ヤマの象はヴァーマナ。
 スーリヤの象はクムダ。
 ヴァルナの象はアンジャナ。
 ヴァーユの象はプシュパダンタ。
 クヴェーラの象はサールヴァバウマ。
 ソーマの象はスプラティーカ。

関連項目


参考資料 - 資料/116:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:32:22 (4434d)