キルカランジ

地域・文化:オーストラリア・ワラムンガ


 中央オーストラリアに住んでいたワラムンガ人の神話に登場する鷹。同じく鷹であるワラ・プラ・プラとともに、地上で初めて火をおこした存在。彼らは木をこすり合わせて火を得ていた。
 キルカランジとワラ・プラ・プラはいつもつけ木を持ち歩いていたが、ある日キルカランジが火をつけたところ、びっくりするほど大きく燃え上がり、その火はキルカランジを燃やしてしまい、彼は死んでしまった。ワラ・プラ・プラは悲しんでクィーンズランドのほうへ行ってしまい、行方はわからなくなってしまった。

関連項目


参考資料 - 資料/187:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:22:16 (3280d)