ウシュム

Ušum

地域・文化:シュメール


 「毒蛇」。
 別名:ウシュムガル(Ušumgal)。
 アッカド語でバシュム。ウシュムという言葉自体はアッカド語からの借用語。本来は単なる毒蛇で、それが神話化されて怪物と見なされるようになったらしい。
 角の生えた蛇の怪物。ムシュシャトルと違い、角と同時に前脚がある。叙事詩『ルガル・エ』129や『アンギム』33にその名前が見られ、ウル第3期以降には戦闘神ニヌルタに倒された敵の1つとなった。
 「ウシュムガル」は「最上の毒蛇」という意味で、アッカド語でウシュムガルルまたはバシュムと訳された。その毒は強力で、神々でさえ恐れさせた。

関連項目


参考資料 - 資料/271:; 資料/351:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-28 (月) 05:30:31 (3811d)