ラフム

Laḫmu

地域・文化:アッカド


 「毛の生えたもの」。
 シュメール語で../ラハマだが、言葉自体はセム語起源でサルゴン時代以前にシュメール語にラハマとして入ってきた。
 ラフムはもともとは川の精霊で、野獣や家畜を、川の水を通じて面倒を見ていた。水の流れ(~~~)は流れるような体毛として表現され、それが彼の名前の語源となった。この「体毛」は多くの場合4つか6つの大きな巻き毛によって表現されている。水の精霊であるため、水の神エンキ/エアと深いかかわりがあった。また、美術上では../クサリクとも密接な関係があったらしい。新アッシリア時代には、その彫像が建築物の土台に埋蔵されて魔除け・病気除けとされた。
 創世叙事詩『エヌマ・エリシュ』では、../ティアマトの11の怪物のうちの一つとされ、戦争の後はマルドゥクの配下とされるようになった。

 というわけで、ラフムはドラゴンではありません。

関連項目


参考資料 - 資料/350:; 資料/271:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-17 (日) 00:54:26 (4490d)