ナグアル

Nagual

地域・文化:メキシコ・ミヘ、サポテカ


 別名:トノ。
 語源はアステカ語の「仮面」「仮装」を意味するnaualli, nahualli。
 ピグチェンに似た蛇の怪物。人間が魔法によって変身したもので、人畜に危害を加え、退治される民話が多い。

 また、個人の守護霊だとされることもある。人間と運命をともにする存在であるが、神々にさえ個々のナグアルが存在すると考えられている。
 ナグアルたちは動物の姿であることが多いが、植物の姿を取ることもある。例えばウィチロポチトリ神は鳥、ケツァルコアトルは緑の羽毛の蛇、というような感じである。

関連項目


参考資料 - 資料/221:; 資料/307:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-26 (火) 09:06:12 (4476d)