ヒマントポデス

Himantopodes

地域・文化:ローマ、西ヨーロッパ


 「罠足」という意味。長くて、罠に使える足を持つ。アレクサンドロス伝説などに登場する。
 プリニウスの『博物誌』第5巻第8章(45-46)によると、ヒマントポデスはアフリカのアトラス地方にいる種族であり、「革紐のような脚をした人々で、歩くのではなく這う」という*1

関連項目

  • イラン/ダヴァルパー?

参考資料 - 資料/24:; 資料/35:


*1 資料/967:250-253

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-10 (木) 03:04:49 (2936d)