ティアマトの11の怪物

Tiamat's Creatures

地域・文化:アッカド


 バビロニア語:../ウームー../ウーマーマーヌガルルー../シュート・メー・ナーリ・ウ・ナーバーリ../ビーヌート・アプシーなど。
 バビロニアの叙事詩『エヌマ・エリシュ』において、../ティアマトがうるさい子供たちを静めるために生み出した11の怪物。英雄神マルドゥク(アッシリア語版ではアッシュル)がすべて打ち倒し、記念にその図像がアプスーに安置された。とある新アッシリア時代の祓魔文書によれば、これらの怪物の人形は魔除けとして使われていたらしい。
 日本語表記がいくつかあるようなので全部並べてみました。その下はアルファベット転写表記、原語の意味、試し読みです。

  • 7つの頭のドラゴン ムシュマッヘー 七頭の大蛇
    Mušmaḫḫu 「七頭の蛇」 ../ムシュマッフ
  • ドラゴン 狂暴な竜たち 竜
    Ušumgallu 「ドラゴン」 ../ウシュムガルル
  • 毒蛇 バシュム
    Bašmu 「毒蛇」 ../バシュム
  • ムシュフシュ
    Mušḫuššu 「怒れる蛇」 ../ムシュフシュ
  • ラハブ ラハム
    Laḫmu 「巻き毛の男」 ../ラフム
  • ライオン 巨大なライオン 大きなライオン
    Ugallu 「大きな日」 ../ウガルル
  • 狂犬
    Uridimmu 「狂ったライオン」 ../ウリディンム
  • サソリ人間 ギルタブリル サソリ人
    Girtablullû 「サソリ人間」 ../ギルタブルルー
  • 嵐の魔物 激しく押しよせる嵐 嵐の怪物
    Ūmū dabrūtu 「嵐の風の獣」 ../ウームー・ダブルートゥ
  • 魚人間 クリール 魚人
    Kulullû 「魚人間」 [[../クルッル]ー]
  • 翼のある牡牛 不思議な野牛 有翼の牡牛
    Kuusarikku 「野牛」 ../クサリク

 これらの怪物の一部はより古い神話にある、ニンギルスやニヌルタによって倒された11の敵対者から採られている。

 なお、(ティアマトの怪物に限らないが)メソポタミアの怪物と神々のの関係について、ヴェッヒェマン(F.A.M. Wiggermann)は以下のような整理をしている。

怪物
合成獣人間型
超自然的奇形標準的な形質
自然現象の象徴その現象が属するもの全ての象徴
人々の問題に干渉する背後から持続して提供する
気まぐれな関係主人
反逆、有害正義の支配者
倒される敵勝者
遠くの地の象徴低地の象徴
山・敵の象徴低地の規範の象徴
海の象徴陸地の象徴
限定された宇宙的な役割宇宙起源に責任を持つ

 これらの怪物はもちろん人間ではないが、神々のリストにその名が載ることもなく、人々を苦しめる悪霊のリストに名前が載ることもなかった。また、人間とは異なり不死であるともされた。

関連項目


参考資料 - 資料/350:; 資料/271:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-01-11 (火) 02:32:11 (3613d)