ラマシュトゥ

Lamaštu

地域・文化:アッカド


 外来語で語源は不明らしい。
 シュメールにおけるディムメ。
 女の悪霊。ただ、楔形文字文書を読むと、悪霊というよりは悪い女神として考えられていたらしい。
 ラマシュトゥの姿は、頭はライオン、耳はロバのように上に伸び、牙はロバのそれ、胸ははだけ、全身に毛が生え、手は(血)塗られ、指と爪は長く、脚は鳥(アンズー)、というものである。さらに子豚と子犬が彼女の乳に吸いつき、彼女の両手に蛇がいることもある。
 ラマシュトゥはアヌとアントゥの間に産まれた娘で、女神であるため、ほかの悪霊たちを指揮し、誰にも指図されずに自分の意志で悪いことを行った。というのも、ラマシュトゥが知られていた時代のメソポタミアでは、悪霊というものは神々の決定により人間を襲うものであり、神々の決定に逆らうことはできないとされていたからである。ラマシュトゥは女神だから神々の決定に従うことはないどころか、逆に悪霊を指揮する立場だった。ちなみに、ラマシュトゥはもとは天上にいたが、人間に対して悪意を持っていたために追放されたという。そのようなわけで、星空のアンドロメダ座のβ星とラマシュトゥは同一視されている。
 ラマシュトゥは自ら手を下すことも多かった。特に赤ん坊を犠牲にすることを好み、妊婦のいる家に忍び込んでは妊婦の腹を7回触って胎児を殺し、乳母から新生児を奪うと言われた。
 メソポタミアの妊婦たちは、こんな感じで殺されてばかりではたまらないので、パズズの頭をかたどった青銅のお守りを首にかけてラマシュトゥの襲撃を防いでいた。さらに、ムカデやブローチをラマシュトゥに捧げるのもよいとされた。また、金属や石でできた「ラマシュトゥの飾り額」というものの中にラマシュトゥがパズズによって地下世界へ引きずり込まれるところが描写され、魔除けとされた。ただ、「ラマシュトゥの飾り額」に描かれているのは妊婦ではなく寝ている人間であり、おそらく出産に関する護符ではなく病気に対する護符として使われていたのではないかと考えられている。

関連項目


参考資料 - 資料/271:; 資料/351:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-20 (金) 00:27:16 (2631d)